テクニック・ノウハウ

テクニック・ノウハウ

【45分授業の進め方】 集中させるのは 無理だと考える

  45分を全部集中させようと考えない方がいいです。 通常学級でも、45分全部は集中していません。大人でも難しいです。発達に凸凹がある子はもっと難しいです。 30人・40人学級の先生の目線は弱いです。なので、時にはあくびし...
テクニック・ノウハウ

特別支援学級の担任は放課後デイサービス・区役所・病院には行くべき

  情緒学級に通っている子は学校以外の場所でつながっている機関や場所があります。 それを全部見て回りました。   ・放課後デイサービス ・区役所 ・病院   これらに全部行きました。 それによっていいことが起きました。 ...
テクニック・ノウハウ

授業参観のあとに保護者会で話すこと【写真と動画で参加人数を増やす方法】

  授業参観のあとの保護者会では、1人1人の具体的に褒められることを話します。  それは絶対に用意しておきます。   今後の予定・行事など、絶対に話さなければいけないことは、レジュメを用意してさーっと終わらせます。     あ...
テクニック・ノウハウ

【小学校】保護者のクレーム対応方法・手順(学校へ来る場合)

  保護者が学校にクレームを言いに来る時、だいたいは事前に伝えてもらえます。    「主人も話を聞きたいと言っています。放課後、行ってもいいですか?」   そう言ってもらえます。     保護者が来た時は、主任と管理職にも...
テクニック・ノウハウ

特別支援学級、個別の支援計画・指導計画を作る時は保護者の願いを聞くことが大事

  特別支援学級は、保護者と一緒に教育を進めていく必要があります。 どこを目指すべきなのかをはっきりさせて、そこに向かって指導をしていきます。    それはこちらが勝手に決めるのではなくて、保護者の願いを聞くことが大事です。   ...
テクニック・ノウハウ

学級通信を出した効果、保護者との強い信頼関係を作れる【特別支援学級】

僕は学級通信を出す様にしています。   学級通信を出しても出さなくても給料は変わりません。 自分の仕事を圧迫してしまいます。   そんなことをしないでテレビを見たり寝たいという気持ちも出てきてしまうかもしれません。 ...
テクニック・ノウハウ

特別支援学級の家庭訪問で絶対にやってはいけないこと・必ずやっていること

   家庭訪問に行く時にやってはいけないこと・やることを決めています。     自分の中でルールを作っておくと楽です。    軸があるとブレなくて済みます。      普通学級と特別支援学級の家庭訪問はまったく違うものです。...
テクニック・ノウハウ

小学校・特別支援学級先生、子どもに怒鳴ったりキレることを抑えられない時

  子どもに対して怒鳴ったりキレそうになってしまうことがありました。 それは自分が未熟でした。    子どもは悪くありません。 何も分かっていませんでした。 偉そうに指導したつもりになっていました。       今は感情を...
テクニック・ノウハウ

小学生の子どもの叱り方「ほんのちょっと理論」【特別支援学級(情緒学級)】

  子どもを叱る時は高圧的に怒鳴ったりしてはいけません。 素直に謝れる様に誘導する必要がありません。    そのために実践している「ほんのちょっと理論」をお伝えします。   特別支援学級(情緒学級)で実践している方法です。  ...
テクニック・ノウハウ

小学校1年生の保護者への挨拶の仕方【保育園・幼稚園の先生との比較】

  自分ではちゃんと挨拶をしているつもりでもまったくそれが伝わらないことがあります。    どんなに思っていても表面に出さなくてはダメです。  相手に伝わらないと何の意味もありません。   小学校1年生の保護者に対する印象をよく...
タイトルとURLをコピーしました