情緒学級担任の1日の基本的なスケジュール(朝の時間編)

情緒学級

こんにちは。
とらのすけです。
 
 
小学校って、日本に住んでいれば全員が通うので、子どもがいる時間帯の教師の仕事ってイメージしやすいと思います。
  
 
でもその時間帯ですら、友達と遊んだり委員会の仕事などをしていると、自分の担任の先生が何をしているのか見えていない部分もあるのです。
 
ましてや、子ども達が帰った放課後の時間は、学校関係者以外は未知の世界だと思います。
(もちろん、息抜きもしています)
 
 
今回は、情緒学級担任の1日のスケジュール(朝の時間)についてお伝えします。
 
 
まず、子ども達が登校してきたら、「朝のルーティン」をさせてきます。
 
 
「朝のルーティン」とは、 
 

教室に入ったら、机上にランドセルを置く。
 

ランドセルの中身を机の中に入れる。
 

提出物・宿題を出す。
 

ランドセルをロッカーに片づける。
 

座ってできることをして待つ。
(読書、自由帳、折り紙、宿題のやり残しなど)
 
 
「朝のルーティン」と言っても、特別なことではありません。
ですが、支援級の子ども達にとって、支援が必要な場面でもあるのです。
 
僕のクラスには、物が片づけられない子がいます。
その子は、1つずつ手順を示してあげると自分で片づけられます。
 
 
また、突発的に目に入ったものに意識が飛んでしまう子もいます。
 
その子は、「朝のルーティン」を視覚化したものを見せながら、「○○をします」と言っています。
 
 
どちらも、声かけが必要ということです。
 

もちろん、習慣化すれば自分でできますが、それまでに時間がかかったり、調子によってできない日もあったりします。
 
いずれにせよ、根気がいります。
 
 
子ども達の準備が整い、さぁ今日も頑張るぞ!!と思った頃にやってくる仕事が、通常学級の担任からの「授業変更の連絡」です…。
 
これが、本当に大変なんです!!
 
学校って、突発的に予定が変更になります。
 
天候などどうしようもないことに左右されることだったり、事前の調整不足だったり、連絡のし忘れだったり…。
  
  
その理由なら仕方ないなというものなら、こっちも「なんとか対応しなくちゃ」と思えるのですが、「早く言ってよね〜」というものも時々…いや、しばしば…、いや、頻繁に…。
 
でも、連絡してくださるだけありがたいです。
 
交流に行く子達を気にかけてくださっているわけですから。

 
ただし、子どもはけっこう大変です。
発達に凸凹がある子達の中には、「突発的な変更に弱い」子達も多いので。
 
 
朝の会で、その日の予定を伝えます。
 
そこに間に合えば、事前に伝えることができるので、自分の気持ちとの折り合いをつけてくれる子が多いです。
 
 
でも、直前の変更となると、けっこう厳しいです。 
 
 
ですので、そういう時は無理をさせないようにしています。
 
このように、事前に日程は決まっていますが、けっこう朝はドタバタしてしまっています。 
 
そこで、朝自習の時間は子ども達にはできるだけゆったり過ごさせるようにしています。 
 
授業中、放課後については、次回以降お伝えします。

・2つのブログランキングに参加しています。 
 
その1 
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
 
その2
 
 
このブログはそこそこの順位になっているとは思います。ありがとうございます!このブログ以外にもいろいろと教育関係のブログがあります。

情緒学級
tommyをフォローする
特別支援学級(情緒学級・小学校)の担任、とらのすけのブログ

コメント

  1. […] 前回は「授業の時間」までお伝えしました。(前回の記事はこちらです) 今回は、放課後(子どもが帰った後)についてです。     優先順位が高い仕事は、当然「学校全体に関わる仕事」です。 校務分掌と言われる、学校内で分担された仕事ですね。   これは、支援学級の担任であるかどうかは関係なく大事な仕事なのですが、みんながやることなので省きます。     支援学級としての仕事に絞ると、僕がまずしている仕事は「引き継ぎノート」のチェックです。   「引き継ぎノート」とは、日中に支援員さんに子どもの様子を記録していただいているノートのことです。   支援員さんは、教科指導はできません。   交流に行く子がいなくて(または子どもだけで行ける場合もあります)、支援員さんにお願いすることがない時間帯もあります。     そうなると、本当に「見守り」しかやることがありません。   また、僕自身も放課後に「1日の振り返り」をしますが、忘れたり知らなかったりすることもあります。   そこで、「引き継ぎノート」というものを使うことにしてみました。     ここには、それぞれの子ども達がそれぞれの時間に何を学習したのか、どんな出来事があったか、僕や他の支援員さんが知っておいた方が良いことなどを記録してもらっています。   このノート、かなり重宝します。     まず、先程も書きましたが僕やその日に勤務していない支援員さんとの共通理解の場となっています。   普段なかなか情報交換をする時間が作れないため、本当にありがたいです。   僕の方から、支援員のみなさんにお願いしたいことも書いています。     子どもが、僕には言わずに支援員さんにぽろっと大事なことを言うこともあります。 そんな情報も共有できます。     毎日ノート1ページにびっしり書いてくださるので、本当に助かっています。     もちろん、自分でも記録はとっています。 引き継ぎノートを確認したら、僕目線からの記録を作成しています。   記録することで、子ども達の状態を把握することができます。   また、不適切な言動があった時に、その前後でどのようなことが起こる傾向にあるのかを知ることもできます。   何かトラブルがあった時に、自分の身を助けることにもなります。     ですので、放課後はこの仕事に結構時間をかけています。     他には、通常学級の担任との連絡調整も時間がかかります。   一人ひとり交流学級が違うので、「この先生と、この話はしたっけ?」というようなことがよくあります…。   ホント、煩雑になりがちです。 僕の机上は、メモをした付箋でいっぱいです…。     さらに注意すべきなのは、通常学級の先生方とは調整したのに、それを教務主任の先生に伝え忘れることがよくあります。   全てを伝えるわけではありませんが、これは教務主任の先生にも報告しておいた方がいいなという情報もあります。   それを忘れちゃうことも…。     本気で秘書がほしいです。     また、授業の準備ももちろんやっています。 複数学年分あるので、こちらもそこそこ時間がかかります。     その他にも、通常学級で心配なお子さんについて相談を受けることがあります。   その時には、支援の方法を検討したり、保護者にどう伝えていくかのを一緒に考えたりしています。     いまだに日本では、通常学級から特別支援学級へ転籍となると、その子を排除するようなイメージが強いようです。   でも、そうではなく、その子に合った環境を用意してあげることで、その子が力を発揮できるということをお伝えできるようにしています。     以上、放課後に行っている仕事をご紹介しましたが、勤務時間内には全く終わらないのが現状です…。   もっとスピーディーに仕事を進めなければ…。      でも、もっと根本的な改革も必要だと思っています。     情緒学級担任の1日の基本的なスケジュール(朝の時間編) […]

タイトルとURLをコピーしました