小学校の担任が冬休み中にしておくべきこと(16年目の僕の場合)

小学校の担任

こんにちは。
とらのすけです。

もう、ほとんどの学校が冬休みに入ったことと思います。

僕も、24日(火)から冬休みになりました。

 
きっと、前々から旅行の計画を立てていたり、年末年始の準備があったり、慌ただしい毎日を送る人も多いのではないでしょうか?
 

僕も、昨日は一日かけて大掃除をしました。
 
普段なかなか手をつけないのに、やり出すと止まらなくなるタイプなので、ひたすら掃除をしていました。
 
 
日頃、年次休暇(有休)もほとんど使わず、そればかりか残業の日々…。
学期末は疲れも溜まって、成績処理をなんとか終わらせる…。
 
 
僕はこんな感じですが、みなさんはいかがですか?
 
 
長期休暇中にゆっくり休んで、教員以外の人と会って、様々な体験をして、新学期を迎えたいところです。
 
それが、子ども達のためでもあるかなと思います。
 
やはり、先生にもゆとりがないようでは、ダイナミックな実践はできません。
 
 
ただし、3学期も安定して学級を経営していき、子ども達に力をつけるためには、やはりやっておくべきこともあります。

 
今回は、冬休み中にしておくべきことを2つお伝えします。

1 各教科、3学期の予習をしておく
 
僕は10年以上前から、長期休暇ごとに次の学期の予習をするようにしています。
こうすることで、新学期が始まっても慌ただしく教材研究をしなくて済みます。
 
これは、かなりオススメです。
 
 
僕がしているのは、「教科書をコピーしてノートに貼る」ことと、「ネットや書籍から該当の単元を見つけて、プリントアウトしたりノートに書き込む」ことです。
 

これだけで、かなりのアドバンテージができます。
 
行き当たりばったりの授業からサヨナラするためには、とても大切な準備だと思っています。
 
 
2 本を読んだり、研修会に参加したりする
 
こちらも、とても大切なことです。
 
今の教員は、あまり本を読まないそうです。
 
専門性を問われる仕事なのに、その専門性を高める努力をしないというのはちょっとマズイです。
 
 
それでお給料をもらっているわけですから。
特別支援学級の担任の先生は、もちろん発達障がいに関する書籍を一冊でも二冊でも読んでみるといいと思います。
 
どんな本がいいかは、今後発信していきます。
 
 
以上2つの他にも、
 
教室の整理整頓をしておく
指導要録に手をつけておく
3学期の行事の準備をしておく
 
 
などが考えられますが、ゆっくり休むことも大切です。
 
 
来年も、子ども達と楽しく過ごせるように、充実した休みにしましょう!!

・2つのブログランキングに参加しています。 
 
その1 
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
 
その2
 
 
このブログはそこそこの順位になっているとは思います。ありがとうございます!このブログ以外にもいろいろと教育関係のブログがあります。

小学校の担任
tommyをフォローする
特別支援学級(情緒学級)の担任、とらのすけのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました