5月中旬から(いきなり)始まった分散登校、こんな風に行っています

小学校の担任

 
こんにちは。
とらのすけです。

お久しぶりです。
一連のコロナウイルス騒動が少し落ち着いたかと思ったら、早くも第二波の予感が…。
 
 
僕たち教員も、上からの指示に振り回されながら、何とかやっております。
  
 
さて、今日は「分散登校」をテーマにお伝えしていきます。
 
僕が勤務する自治体では、5月中旬から(いきなり)始まりました。
 
もちろん、GW前には決まっていて、保護者にも通知はしていました。
 
それでも緊急事態宣言中でしたし、「これまで後手後手だったからって、いきなり大胆にならないでよ!!」って感じでした。
 
 
週に2回、午前と午後に分かれて、30分の学習支援を4コマ行いました。
 
午前中に登校したグループは、次回は午後というようにローテーションします。

 
登校日数を徐々に増やしていき、今週から通常登校になります。
 
 
ちなみに、息子が通う小学校は違う自治体なのですが、6月から分散登校がスタート。
今月いっぱい分散で、7月から通常登校となります。
 
同じ都道府県でも、自治体によって対応が違います。
僕が勤務する学校と息子の学校、そんなに遠くないんですけどね…。
 
 
さて、子ども達の様子ですが、情緒学級の子ども達にとって、さすがにこの3か月の休校でこれまでの指導が元に戻ってしまったかな〜と思っていました。
 
ですが、意外とそうでもなくて安心しました。
詳しくは、またご紹介します。 
 
 
次回は、同じ授業を2回やることについて。
その次は、教師や保護者が気をつけるべきことについて。 
 
この様なことを書いてみる予定です。
よろしくお願いします。

・2つのブログランキングに参加しています。 
 
その1 
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
 
その2
 
 
このブログはそこそこの順位になっているとは思います。ありがとうございます!このブログ以外にもいろいろと教育関係のブログがあります。

小学校の担任
tommyをフォローする
特別支援学級(情緒学級・小学校)の担任、とらのすけのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました