更年期の終わり

更年期はいつか終わるの?

更年期とは女性の卵巣機能が低下していくに合わせてさまざまな症状が起こり始めるものです。老化によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少するのが直接の原因です。

日常生活に支障をもたらすほどの症状もある

更年期サプリ

この更年期は心身にさまざまな影響を及ぼします。頭痛や肩こり、下腹部痛などから骨粗しょう症、高血圧、ホットフラッシュ、発汗、うつ症状といった日常生活に深刻な支障をもたらす症状も見られます。症状には個人差がありますが、重い場合には心身ともにかなり辛い状態で日々を過ごさなければならなくなります。「こんな辛い状態を抱えてずっと生きていかなければならないのか」と絶望感を抱いてしまうことも少なくありません。

 

女性の場合、この更年期はエストロゲンが減少して閉経が訪れたのをピークに症状が緩和されていきます。その後もエストロゲンが微量ながら分泌されるため症状がしばらく続きますが、最終的には収まっていくのです。女性の更年期の期間は年数にして通常10年程度といわれており、閉経の平均年齢が50歳といわれる日本人女性の場合は45〜55歳くらいまでが一般的な更年期の期間、とされています。

エストロゲンを補充して、症状を和らげる

更年期サプリ

このようにいずれは終わりがくるため、その間いかに症状を和らげることができるかが対策のポイントとなります。だからこそホルモン補充療法や大豆イソフラボン、ザクロといったエストロゲンを補う効果がある対策が広く用いられているのです。また体の老化やホルモンバランスの乱れをもたらすような生活習慣を改めることで更年期の期間を短くするもできます。近年では生活環境の乱れによって本格的な更年期が訪れる前から症状が現れる「プレ更年期」の問題を抱える方も増えています。

 

一方、男性の更年期の場合、女性のように卵巣機能の低下や閉経といった直接の原因がないため、期間には個人差がでます。通常は1〜2年程度と言われますが、場合によっては5年以上続いてしまうことも。これはストレスが深く関わっているといわれているため、やはり生活習慣の改善が重要になります。

更年期対策に使ってみたい更年期サプリにはどんなものがある?

関連ページ

更年期に起こりやすい病気とは
更年期にはどのような病気になりやすいのでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。
更年期の治療方法はサプリ以外ではどんなものがある?
更年期対策として、サプリ以外にはどんな治療方法があるのでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。
これをしたら、更年期サプリの効果が高められる?
更年期サプリの効果を高めるためにできることとは、どのようなことがあるでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。
男性にも更年期があるの?
男性にも更年期はあるのでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。