更年期の原因

更年期は何故起きる?

更年期は閉経を挟んだ前後10年くらいの間の期間のことを言います。日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳といわれていますから、45〜55歳くらいの間に更年期の症状が見られるケースが多くなります。

エストロゲンの減少が更年期障害を引き起こす

更年期サプリ

更年期に心身に生じる症状のことを総称して更年期障害と呼んでいます。その直接の原因は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少です。女性の体は月経周期に代表されるように女性ホルモンのバランスと深い関係があります。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが正常に維持されていれば健康な状態を維持できるのですが、バランスが乱れると月経不順をはじめ心身にさまざまな影響が生じるようになってしまうのです。

 

そしてエストロゲンの減少の原因となるのが卵巣機能の低下です。閉経が近づくにつれ卵巣の機能が低下し、普段分泌しているエストロゲンの量が減少していくのです。これは人間の老化がもたらすため避けることはできないため、多くの女性が更年期障害の悩みを抱えることになります。

エストロゲンの分泌が起きる場所と、指示される場所は異なる

更年期サプリ

厄介なのはエストロゲンの分泌は脳の視床下部によって指示が下されるのに対し、実際に分泌されるのは卵巣だということです。ですから体の調子に合わせて視床下部がエストロゲンの分泌を卵巣に指示したにも関わらず卵巣機能の低下によってそれに応えることができなくなると心身のバランスが崩れてしまう恐れが出てきます。とくに大きいのが自律神経の乱れ。脳と体の間でアンバランスが生じることで自律神経のバランスまでも崩れてしまうのです。

 

卵巣機能の低下がもたらすホルモンバランスの乱れがさらに自律神経の乱れを引き起こすことで心身にさまざまな症状をもたらしてしまいます。急なのぼせや発汗、ホットフラッシュなど自分では制御できない身体症状が原因で外出や対人関係に支障をきたすなど日常生活に深刻な影響をもたらすケースも少なくありません。さらにはうつや不眠など症状をさらに悪化させてしまうものも多く、泥沼化させないためにもできるだけ早い段階で適切な対策を行っていくことが求められるのです。

更年期対策に使ってみたい更年期サプリにはどんなものがある?

関連ページ

更年期障害にはどんな症状がある?
更年期にはどのような症状が現れるのでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。
更年期サプリの上手な選び方
更年期に効果的なサプリはどのように選べばいいのでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。
更年期の症状を緩和するために摂りたい成分は?
更年期の症状を緩和してくれる成分にはどのようなものがあるでしょうか? 更年期に使ってみたいサプリの上手な選び方と効果的な使い方を紹介しています。